データ消去

こちらではデータの消去について説明します。それぞれの項目の内容はご自身の使用環境に合わせて読み替えてください。またデータの消去を行う前に必ずデータの退避を行い、そのファイルを別のフォルダに管理するようにしてください。

〇 データ消去について

大会選択メニューで大会のデータが存在する大会を選択するとデータ消去のボタン(赤枠)が表示されます。

上の画面で「データ消去」をクリックすると左の画面が表示されます。最終確認ですので宜しければ「OK」で消去が始まります。

​消去が正常に終了すると、その旨のメッセージが表示されます。「OK」をクリックしてください。

大会のフォルダ上のデータを削除してても良いかの確認です。大会処理で作成したバックアップやHTMLファイルなどすべてのファイルが対象です。消去しても良ければ「OK」を、現時点では残したい場合には「キャンセル」をクリックしてください。

データ消去の処理が終了すると大会選択リストからは大会名が表示されなくなります。

〇 データ消去についての例外

直前まで操作していた大会のデータを消去すると左の画面が表示され、大会データは削除できません。

この場合には一度アプリケーションを削除し、もう一度起動すると削除できるようになります。

復帰を開始しても良いかの確認で、「OK」をクリックするとデータ復帰が始まります。

レストア(データ復帰)が完了すると、完了したことを知らせるウィンドウが表示されますので、「OK」をクリックします。

大会リストに復帰したデータが表示されます。以上でレストア(データ復帰)の処理は完了です。