2022-23ルール対応について

FX2SQLシリーズの2022-23シーズンルール対応について以下のようにお知らせします。

  • 2022-23シーズンルール対応に関しては6月20日現在社内でのテストを開始しています。7月上旬にはベータ版のリリースを予定しています。

  • ​しかしながら、今回のルールの変更範囲が極めて広範囲であるため、2021-22シーズン対応のリザルト・システムで作成されたデータは基本的に使用できないとお考え下さい。そのように使用されたデータでは正確に成績処理などを行うことはできません。

  • ブロック大会で当該のカテゴリー(シングル・ペア・アイスダンス)が実施されるまでは、実施要素のベリファイ機能は不完全です。必ずテクニカル・オフィシャルによるウェル・バランス確認を実施してください。

  • ​それでもマスターデータなどを引き継ぎたい場合には以下の手続きを行ってください。

2021-22シーズンルール対応のRSで作成したデータを2022-23シーズンで利用したい場合

  • RSが2022-23シーズン対応のバージョン(バージョン末尾が1098以降)およびSOVコンポーネント(バージョンが2022-2023,2022.06.18a以降)であることを確認してください。

  • ファイルユーティリティ>システムファイルのメンテナンスで全てのクラスの全てのデータを削除してください。

  • 運用準備>クラス名登録で全クラス情報を削除してください。

  • RSを一旦終了し、再起動してください。

  • その後クラス設定、クラス別選手アサイン、滑走順登録など通常の流れで設定を行ってください。

  • ​最終的にテストを行い正しい内容で処理が行われていることを確認後、競技会などでご使用ください。

ご注意

  • 今回は変更範囲が広いため、事前テストは本番実施日の1週間前までに行ってください。

  • 上記で実施されたテストで発見された不具合に限り、可能な範囲で対応いたします(この場合においても全てを修正できることを保証するものではありません)。

  • ​他社のソフトウェア同様に本システムを使用した結果に発生したいかなる損害も補償の対象ではない事を予めご了承の上ご使用ください。ご了承いただけない場合には、本システムの全てをご使用いただけません。