事前テスト方法

本システムを競技会で使用する場合、必ず事前テストが必要です。そのタイミングやテストの内容を以下に説明します。

1) テストのタイミング

  1. 可能な限り競技会開始日の一週間以上前に以下のフルスケールテストを行ってください。

  2. テストにおいてシステムの不具合を見つけた場合には、本サポートまでメールでご連絡ください。極力競技会までに修正するように努めますが、お知らせ頂いたタイミングと不具合のレベルによって、競技会前の改修が可能である保障はいかなる場合でも致しかねます。

  3. ​フルスケールテストを行っていないシステムの運用はいかなる場合も認められず、最悪の場合にはライセンスを停止させて頂くこともございます。

2) フルスケールテスト

  1. フルスケールテストとは、競技会で行われる全てのカテゴリー(クラス)とセグメントの組み合わせの内、その組み合わせが重複している場合を除き、全ての組み合わせのテストを行うという事を義務化しております。以下例をお示しします。
         a.  Aクラス シングル男子 SP+FS
         b.  Bクラス シングル女子 SP+FS
         c.  Cクラス シングル男子 FS
         d.  Dクラス シングル女子 FS
         e.  Eクラス アイスダンス RD+FD
         f.   Fクラス アイスダンス FD
    上記のクラスとセグメントの場合、テストすべきクラスはa.b.のいずれか、c.d.のいずれか、e.とf.の4つのクラスの事前テストが必要です。

  2. 同じカテゴリー/セグメントのクラスの場合、どちらか人数が多い方のクラスの全選手を対象としたテストを行うことを推奨します。

  3. ​フルスケールテストの考え方はオンライン、オフラインのどちらも変わりはありません。日本スケート連盟として事前テストは義務化しており、その前提でシステムを使用することを許諾しています。

  4. ​不明点があればメールでお尋ねください。